週刊ほのぼのブログ

カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro)の作品

time 2017/10/06

カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro)の作品

カズオ・イシグロKazuo Ishiguro OBE)
1954年11月8日、長崎県長崎市出身の日系イギリス人作家です。
1960年(5歳)の時に家族で渡英。
1989年に長編小説『日の名残り』で世界的に権威のある文学賞の一つブッカー賞を受賞しました。
現在は英国ロンドンに在住し、2017年にノーベル文学賞を受賞。

日本語はあまり話せないが「任侠映画」が好きらしい。
 

 

 

 

 

 

 

sponsored link

カズオ・イシグロの作品

長編小説
1982年 遠い山なみの光(英語版) A Pale View of Hills
1986年 浮世の画家(英語版) An Artist of the Floating World
1989年 日の名残り The Remains of the Day
1995年 充たされざる者(英語版) The Unconsoled
2000年 わたしたちが孤児だったころ(英語版) When We Were Orphans
2005年 わたしを離さないで Never Let Me Go
2015年 忘れられた巨人 The Buried Giant

「遠い山なみの光」は1984年に筑摩書房より「女たちの遠い夏」のタイトルで刊行されましたが、早川書房から文庫版を刊行するさいに改題される(2001年)。

短編小説
1981年 A Strange and Sometimes Sadness
1990年 戦争のすんだ夏 The Summer after the War
1990年 夕餉 A Family Supper
2001年 日の暮れた村 A Village After Dark
2009年 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 Nocturnes

脚本
1984年 A Profile of Arthur J. Mason (テレビ作品)
1987年 The Gourmet (テレビ作品)
2003年 世界で一番悲しい音楽 The Saddest Music in the World (映画)
2005年 上海の伯爵夫人 The White Countess (映画)

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



sponsored link