週刊ほのぼのブログ

皇太子さまの本「水運史から世界の水へ」 徳仁親王 (著)

time 2019/04/04

皇太子さまの本「水運史から世界の水へ」 徳仁親王 (著)

令和天皇となる皇太子殿下の講演集「水運史から世界の水へ」4月4日に発売されます。

sponsored link

水運史から世界の水へ

皇太子殿下が語る「水の力」「水の恵み」
中世・瀬戸内海の水運史や、17~18世紀のイギリス・テムズ川の水上交通史の研究を経て、関心はやがて世界の水問題へ。
史料に真っ直ぐに向き合い、各地の水利用の現場を歩き、水災害の被災地への訪問を重ねてこられた殿下のまなざしは、「水と私たち」の未来に向けられてゆく。

昭和62年(1987年)の初講演から平成30年(2018年)の世界水フォーラムの基調講演まで、皇太子殿下のご講演の記録・全9篇。

内容構成

はじめに
第1章 平和と繁栄、そして幸福のための水
第2章 京都と地方を結ぶ水の道 ―古代・中世の琵琶湖・淀川水運を中心として
第3章 中世における瀬戸内海水運について ―兵庫の港を中心に
第4章 オックスフォードにおける私の研究
第5章 17~18世紀におけるテムズ川の水上交通について
第6章 江戸と水運
第7章 水災害とその歴史 ―日本における地震による津波災害をふりかえって
第8章 世界の水問題の現状と課題 ―UNSGABでの活動を終えて

参考収録 Quest for Better Relations between People and Water

本書「はじめに」より

本書には、昭和62年(1987)に私が生まれて初めて行った、テムズ川の水上交通の歴史に関する講演から、平成30年(2018)3月にブラジリアで行った第8回世界水フォーラムにおける基調講演にいたるまでの、水上交通史や水災害を含む水問題についての講演の記録を収載しています。

(中略)水問題は、あたかも水がどこにでも流れていくように、世界の紛争、貧困、環境、農業、エネルギー、教育、ジェンダーなどさまざまな分野に縦横無尽に関わってきます。

(中略)水を通してこれらの問題に関心を持つことができたことは私にとりとても有意義であり、私の視野を大きく広げてくれた「水」に感謝しています。

著者について

徳仁親王 / crown prince Naruhito(なるひと・しんのう)
昭和35年(1960)生まれ。
昭和57年(1982)、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程入学。
昭和58年(1983)6月 – 昭和60年(1985)10月 英国に滞在。
(オックスフォード大学大学院に在学)
昭和63年(1988)、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程修了。

平成3年(1991)、オックスフォード大学名誉法学博士。
平成4年(1992)より学習院大学史料館客員研究員。
平成15年(2003)、第3回世界水フォーラム名誉総裁。
平成19年(2007) – 平成27年(2015)国連水と衛生に関する諮問委員会名誉総裁。

商品情報

言語: 日本語
単行本(ソフトカバー): 258ページ
出版社: NHK出版 (2019/4/4)

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



sponsored link