週刊ほのぼのブログ

マイネオ(mineo)格安スマホSIMはお得か?

time 2017/09/28

マイネオ(mineo)格安スマホSIMはお得か?

現在私は2台のスマホを使っています。
1台はNTTドコモ、もう1台はマイネオ(mineo)の格安スマホです。

料金は、ドコモ(約8,000円)マイネオ(約2,500円弱)と格段にドコモが高いですが、ドコモを使い続ける最大の理由は、基本使用料に固定電話や携帯会社に関係なく時間制限無しの無料通話料(カケホーダイ)が含まれているからです。
その分データ通信は2GBしか使えません。

格安スマホは通話料金が割高なので、節約のため2社のスマホを使い分ける方も多いと思いますが、数年前に比べると最近では2台持つリスクが高くなった気がします。

  • 電話メインならドコモ
  • ネットなど通信がメインなら格安スマホ

恐らく、年内にはドコモを解約すると思います。

マイネオは「eo光」を運営する株式会社ケイ・オプティコムが事業者です。
光ネット、光テレビ、光電話と実績あるサービスを提供していたのでマイネオも安心して契約しました。

ただ、ネックは通話料です。
現在ドコモプラン(Dプラン)を使っていますが基本通話【20円/30秒】です!
高い!今まで超緊急時か着信専用でしか使いませんでしたが、ドコモを解約したら通話時間1分で40円になってしまう!

ヤフーY!mobileには「10分以内なら何度かけても通話料0円」があります。
マイネオにも「10分かけ放題」有料通話アプリがあります。(説明は後ほど)
 



 
まだ格安スマホを理解していない方と、マイネオ(mineo)を検討されている方は以下も参考にどうぞ。

sponsored link

マイネオ(mineo)は格安スマホ、格安SIMです。

格安の意味が分からない?
簡単に説明しますと、スマホの中にはスマホ所有者のデータキー「SIMカード」が挿入されています。
ドコモにはドコモ、auにはau専用のSIMカードです。
(SIMが無ければ電話も通信もできません)
そのSIMカードを格安会社が販売するSIMに差し替えるだけで格安会社の料金で使用できる訳です。(様々な条件や申し込みが必要ですが)

CMでよく見る「ヤフーY!mobile」や「UQ mobile」と同じです。
なぜ、大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)より通信料が安いか?
それは、回線(アンテナ基地局)を持たない電話会社なのです。
 
格安スマホのマイネオ
 
格安スマホはドコモ、auの回線を使用しているので、大手携帯会社のスマホと同じ様に使用できます。

まず初めに

現在使っているスマホの契約内容を必ず確認しましょう。
2年縛り(プラン)が継続中の方は違約金が発生します!

新規で契約される方は気にしなくて大丈夫です。

なぜ安い?

安く利用できる理由は、「回線の維持費が不要」これが全てです。

ドコモなど大手3キャリアは、電波の悪い地域にアンテナ基地を新設、増設したり既存基地局のメンテナンスなど莫大な経費が掛かりますが、格安会社はその回線をレンタル使用しているので不要な経費分を我々に還元して安くなっているのです。

このように、他社から通信回線を借り受けて、自社サービスを提供することを「MVNO」といいます。
 



 
「格安スマホ」=「格安SIM」=「MVNO」3つとも同じです。

回線速度は?

では、「ドコモのスマホ」と「ドコモ回線を使ったマイネオの格安スマホ」
どちらも同じ速度で使えるか?
答えは使えません。

なぜなら、インターネットに接続通信するサーバーまではレンタルできないので各社は自前のサーバーを用意し使用しています。
何の事か?ですよね!(簡単な図をご覧ください)
マイネオ(mineo) 電話交換器 サーバー
このサーバーの性能によって速度が違ってきます。

しかしながら、サーバーのスペックは公表されていませんので
「ネット評価」「口コミ」サイト等で自己判断するしかないです。

マイネオ(mineo)が公表していつエリアとデータ通信速度です。
ドコモプラン(Dプラン)
エリア
データ通信:Xi(クロッシィ)FOMAエリア
音声通話:Xi(クロッシィ)FOMAエリア

データ通信速度
Xi(クロッシィ)相当 / 受信最大225Mbps、送信最大50Mbps
FOMA相当 / 受信最大14Mbps、送信最大5.7Mbps


auプラン(Aプラン)
エリア
データ通信:au 4G LTEサービスエリア
音声通話:au 4G LTEサービスエリア、au 3Gサービスエリア

au VoLTE対応SIM、および対応端末でのご利用時には、
au 4G LTEサービスエリアとなります。

マイネオ(mineo)の料金プラン

申込み時に「ドコモ回線」「au回線」どちらを使うか選択します。
今まで使っていた会社にするのが無難です。
 


ドコモプラン(Dプラン)

料金:ドコモプラン(Dプラン) 税抜価格
基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

音声通話とは(090)(080)(070)で始まる電話番号での音声通話です。
別途ユニバーサルサービス料 が必要となります。

auプラン(Aプラン)

料金:auプラン(Aプラン) 税抜価格
基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

音声通話とは(090)(080)(070)で始まる電話番号での音声通話です。
別途ユニバーサルサービス料 が必要となります。


料金は差ほど変わりないのですがドコモの方が早いと専らの噂です。

プラン変更(例:ドコモ回線からau回線)
タイプ変更(例:シングルからデュアル)は手続きすることで変更可能です。
その場合の変更事務手数料は2,000円とSIMカード発行料が必要となります。
ドコモプランとauプランのSIMカード発行費用は異なります。
(1GBから6GBなどのコース変更は無料です)

やっぱり電話代が気になる

【20円/30秒】は確かに高い!と思った方に朗報です。
マイネオの専用アプリが登場しました。(月額850円)

「かけ放題」アプリを使えば10分以内の国内通話が無料(0円)になります。

※10分超過後は国内通話を10円(免税)/30秒で利用いただけます。
 


あまり使わない人向けの一般的な月額は?

例)下記を申し込んだ時の月額(税別)です。
ドコモプラン(Dプラン) デュアルタイプ
3GBコース
mineoでんわ(10分かけ放題)
 
マイネオ(mineo) 格安スマホ 格安SIM
 
1ヶ月のデータ通信量が2GB以内、1回の通話が10分以内で収まる人はこのプランにすると今の支払額より激減していませんか?

今のスマホは使えるの?

全ての端末(スマホ)が対応している訳ではありませんが、
ドコモ・au・ソフトバンクで販売されたスマホを使うことができます。

2017年9月時点で【ドコモ約300種類】【au約100種類
ソフトバンクは少ないです。

MNP(番号ポータビリティ)今使っている電話番号がそのまま使えます。

本体を買い替える(新品)

もちろん、申し込みの際にスマホ本体を新たに購入することも可能です。
しかし!最新機種や人気モデルはありません。
分割払いが可能なので、月々の使用量に上乗せして支払えます。

本体を買い替える(中古)

中古購入したスマホの前所有者が犯罪などの不正利用、代金(料金)未払い、盗品などの恐れがある場合にはネットワーク利用が制限されます。

月賦(分割払い)中のスマホを所有者が全額返済する前に売られているケースもありますので支払いが滞った時点で例え第三者が購入使用中であっても停止する可能性があります。

中古購入したスマホの製造番号を調べることで、不正等での利用制限中のスマホかを調べるサービスがありますのでお試しください。

ただし、購入してからしか分からないので中古ショップの店員に「利用制限」が無いか確認しても良いと思います。
(分からないようなお店では購入しないように!)

乗り換えや申し込みに必要な料金は?

事務手数料:3,000円
MNP転出手数料:ドコモ(2,000円)au ソフトバンク(3,000円)
追加オプションなどは別途必要です。

MNPとは、現在の電話番号をそのまま別の会社に引き継げるサービスです。
申し込みの中で「MNP予約番号」「予約番号有効期限」を入力するので、MNPを利用する方は事前に済ませておく必要があります。

コチラからMNP予約番号を入手しましょう。
※予約番号の有効期限は10日以上ないとダメです。

今までのスマホ会社を解約するタイミング

ドコモの「カケホーダイ」プラン等は定額サービスのため解約時に日割り計算してもらえないので、月末(締日)ギリギリで切り替えと解約をしたほうが節約になります。

マイネオ(mineo)のデメリット

今までよりも月額で2,000円以上安く使えるんだから、やはりそれなりにデメリットもあります。

店舗数が少ない

家電量販店に行って直ぐに購入(使用)とはいきません。
(ドコモやソフトバンクとは比べ物にならない)

全国のマイネオ(mineo)ショップ

各種案内やお申し込み手続きに加え、mineo端末を実際に体験できます。

  • mineo渋谷(東京都)
  • mineo秋葉原(東京都)
  • mineo名古屋(愛知県)
  • mineo浜松(静岡県)
  • mineo大阪梅田(大阪市)
  • mineoなんば(大阪市)
  • 神戸(兵庫県)
全国のマイネオ(mineo)サポート店

SIMカードの差し替え、申し込み、初期設定まで店頭スタッフが対応。

全国のヨドバシカメラ、パソコン工房、スマートライフ、eoステーション
対象店舗はホームページより確認できます。

全国のマイネオ(mineo)販売店

新規お申し込みとSIMカードの受け渡しが可能です。
詳しくはホームページより確認できます。

有料サポート

ドコモやau、ソフトバンクでは当然のように無料で受けられていたサポートもマイネオでは有料となります。

購入時の初期設定(1,000円)
SIMカード差し替えネットワーク設定メール設定など含まれる)
その他、電話帳やデーターの移行も別途有料サポートです。

購入(申し込み)はパソコンで

皆さんの自宅や会社近所にマイネオ(mineo)店舗が無ければ、インターネットからのWEB申し込みとなります。
パソコンが無い、パソコンに不慣れな方には厳しいのが現状です。

申し込みから最短で約4日、遅くても1週間程度で【SIMカード】または
【本体一式】が郵送されます。
手元にあるスマホは、解約しない限りは以下の作業を行うまで使用できます。

受取り後に自信で初期設定を行い晴れて利用開始となります。
1)SIMカードの取り付け
2)MNP転入切替(MNP利用無しの方は不要)
3)ネットワーク設定

MNP転入切替後、本体が30分程度使えなくなります。
MNP転入切替が完了したら課金がスタートします。
 


最後にマイネオ(mineo)のメリットは?

回線速度はドコモやauと全く同じではないと説明しましたが、数ある格安スマホ業界の中でもマイネオ(mineo)は安定的にストレス無くネット接続できる通信回線を使用していると思います。(使用する環境にもよりますが)

契約時の最低利用期限(継続割引や2年縛り)もないので解約違約金もありません。
ただし、MNP転出する場合は、MNP転出手数料が12ヶ月以内12,420円(税込)、13ヶ月以降2,160円(税込)必要になります。

ここまで説明不足もあるかと思いますが、マイネオ(mineo)を申し込んでみようと思われた方は「マイネオ(mineo)申し込みページ」にお進みください。
 


sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



sponsored link